MEMBER

一般社団法人 全国タウンマネージャー協会は、まちづくりに関する実務経験と実績を有するメンバーで構成されています。また、私たちの目的に賛同する一般会員、賛助会員のみなさまも随時募集しています。

MEMBER / 役員

役員(正会員)はまちづくりに関する実務経験と実績を持ち、当法人の議決権を有します。

尾崎 弘和

Hirokazu Ozaki

佐藤 皓祠

Hiroshi Sato

田辺商工会議所 中小企業相談室 室長
昭和42年生まれ。田辺商工会議所中小企業相談室室長。経営指導員。平成20年4月より中心市街地活性化事業の主担当となる。平成21年4月それまで田辺商工会議所内に置いていたまちづくり会社(当時「株式会社まちづくり田辺」)が独立した事務所を持つと同時に、2年間、ほぼ専従体制でまちづくり会社において各種事業に携わる。平成23年4月より田辺商工会議所に戻り、経営相談などの商工会議所業務のほか、中心市街地活性化協議会事務局を務める。

有限会社日智 代表取締役
大学卒業後、
そごう百貨店に入社。顧客管理や系列化施策、マーケティングや外販営業企画・商品開発に取り組む。そごう退社後、流通小売系を中心に営業コンサルティング会社 日智(ニッチ)を設立し、国の外郭機関や行政、商工会議所の中小企業、地域活性化事業支援など経済、地域活性化に取り組む。平成19年9月、北九州商工会議所「食のブランド認定事業」の専門委員会に参加。以後、北九州での地域ブランド開発や、県内外県連、商工会の地域開発関連事業に多数専門家として参加、支援を実施。平成25年4月、内閣府内閣官房より地域活性化伝道師を委嘱。

関 幸子

Sachiko Seki

原田 弘子

Hiroko Harada

株式会社ローカルファースト研究所 代表取締役
大学卒業後、三鷹市役所に入庁。企画、産業振興のほか、(株)まちづくり三鷹(TMO)で、中心市街地活性化のマネージャーとして活躍。「SOHO CITY みたか構想」を推進し、日本で最初の公設公営インキュべーション施設「三鷹産業プラザ」の開設に携わる。平成19年退職後、(財)まちみらい千代田の専門調査員、内閣府企業再生支援機構担当室政策企画調査官(非常勤)を務めた後、平成22年、現会社設立。平成15年、当時の小泉首相から「地域産業おこしに燃える人」に認定されるなど、人口減少し過疎化する全国の地域の活性化と地域産業の振興に取り組む。最近では、地方創生事業に取り組み、経済産業省、総務省、内閣府が主宰する委員会の委員を多数歴任。

マネジメントオフィスHARADA 代表

大阪生まれ。商社退職後、平成17年、中心市街地タウンマネージャーとして広島県呉市に移住。2年の任期終了後、各地の中心市街地活性化や商店街活性化を支援。現在は、広島県の三原市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー。まちのイメージを改善し、新しい組織や事業の発掘を通じて自立的なまちづくりに繋げる。地方都市は豊かな自然や歴史、文化を伝える日本の財産。できるだけ良い形で次の世代に伝えたい。

土肥 健夫

Takeo Dohi

西本 伸顕

Nobuaki Nishimoto

株式会社事業開発推進機構 代表取締役
早大卒業後、松下政経塾に入塾。松下幸之助氏の指導の下、地域活性化・都市経営・商業振興等に関する研究に従事。セゾン・グループの流通・開発関連のアソシエイト・プランナーを兼務。平成3年、現会社設立。平成8年、中小企業診断士として登録。行政、流通関連業からの委託に基づく計画策定や、地域活性化、商業・観光関連施設の事業プロデュースを専門とする。ご当地検定黎明期、中心市街地活性化の一環としての明石市における「タコ検定」のプロデュース、須崎市の「鍋焼きラーメン」を基軸にした活性化、別府市の「オンパク」に関連した常設事業者育成プログラム等、限られた市場規模でも低コストで自立・継続的な運営可能なソフト事業の確立や、地域ブランドの構築に従事。地域活性化伝道師、中小企業基盤整備機構中心市街地サポートマネージャー、同中心市街地協議会アドバイザー。

ふらのまちづくり株式会社 代表取締役社長
大学卒業後、㈱リクルート勤務を経て、昭和60年、 家業の青果卸売会社にUターン。富良野青年会議所、ふらの演劇工房、富良野塾(倉 本聰主宰)、インターネット富良野、ラジオふらの、中心市街地活性化協議会など数多くのまちづくり活動に深く関わり、平成20年ふらのまちづくり(株)の代表取締役社長に就任。富良野市の中心部に、にぎわい滞留拠点としての集客装置「ふらのマルシェ」をつくり、4年3ヶ月で累計300万人を突破。空洞化の危機にあった中心市街地を活性化させることに成功した。著書に 「笑説 これが北海道弁だべさ」「フラノマルシェの奇跡」などがある。

125398763_3473045962788680_3280911016873
上田 嘉通

Yoshimichi Ueda

26055995_10215290817013226_3538241976194
國廣 純子

Junko Kunihiro

株式会社小田屋 代表取締役

早稲田大学大学院理工学研究科を修了後、土木コンサル会社や観光経済系シンクタンクなどを経て現職。2017年〜2021年3月まで、郷里へUターンし、株式会社まちづくり寄居のタウンマネージャーも務める。現在は、一般社団法人離島総合研究所 代表理事、一般社団法人折原ヴィンヤード 代表理事、株式会社JTB総合研究所 客員研究員、一般社団法人Work Design Lab パートナーなど、地域づくりの様々な立場を担う組織の立ち上げに関わり、専門アドバイザーとして日本全国で活動中。

青梅市中心市街地活性化協議会 タウンマネージャー

あきる野市五日市商和会 タウンマネージャー

慶応義塾大学経済学部卒業後、日本銀行調査統計局に勤務、マクロ経済統計の調査・改定に従事。東京理科大学工学部二部建築学科を経て、三分一博志建築設計事務所にて犬島アートプロジェクト等担当。2010年に拠点を北京へ移し、中国ローカルの都市計画・建築設計事務所にて国際プロジェクト責任者として日中設計チームの編成やプロジェクト統括を担当。内蒙古自治区阿鎮都市再生計画、西安市阿房宮考古遺跡公園整備及周辺都市計画など。帰国後、2013年より青梅市、2018年よりあきる野市で現職。2020年より、日野市、豊島区池袋での市街地再生支援業務も開始。